組合員の投稿

鉄道の自殺が増えた!

2018年11月16日

 最近、近鉄線でも人身事故が増えています。視覚障害者や酔っぱらいがホームから転落して列車に轢かれる事故も増えております。亡くなった方のご冥福お祈り申し上げる一方、列車を止めないで欲しいと思います。

 その対策として、ホームのベンチを90度回転させて列車が見えるようにしたりホームドアの設置したり非常停止ボタン設置などしておりますが、自殺に関しては全く無意味だと思います。また、列車の通過待ちのときは、運転士と車掌が降りて通過する列車を見送っているが、ホームから飛び降りるのを監視するには不十分です。

 恐らくリストラ経営のために駅員を減らしたことが原因だと思います。無人駅が増えました。また、特急停車駅でもホーム上の駅員はいません。監視カメラだけで間に合うのでしょうか。運転士一人だけのワンマンも増えています。はっきり言って、鉄道自殺し放題です。特急通過を狙ってホームから飛び降りる人がいくらでも増えます。

 業界の人員削減と、パワハラが自殺者を増やしたのです。

 


 

-組合員の投稿

Copyright© 新世紀ユニオン(大阪) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.