組合員の投稿

映画『沈黙のパレード』を見て

2022年10月22日

 私は阪神間で働いています。JR尼崎駅前北側に再開発でシアターができてからは梅田まで映画を見に行くことが少なくなりました。近場で映画を見ることができ、しかもすいています。コロナ禍ではすいている映画館のほうがいいです。

 今回私が見た映画は、2007年にTVドラマが放送された、東野圭吾原作監督:西谷弘による『ガリレオ』シリーズの劇場版第3弾。

 捜査一課の刑事・内海薫が、秋祭りのパレード中に発生した怪死事件の謎に迫るが、解決できず、 天才物理学者・湯川学(福山雅治)が難事件を鮮やかに解決していく姿を描くという筋です。

 アメリカから帰国した物理学者・湯川の元に、刑事の内海が少女殺害事件の相談にやって来る。容疑者の男は草薙が担当するも、完全黙秘を貫き証拠不十分で釈放。男は遺族の前に現れて挑発し、町中から恨みを買っていた。しかし秋祭りのパレード当日、男は殺害されてしまう。

 この事件を、例によって天才物理学者の湯川が事件を解き明かす。物語が進むに従いタイトルのなぜ『沈黙のパレード』なのかがうなずけます。

 とにかく娯楽作品としては面白い映画です。皆さんお楽しみのために詳しくは書きませんが、頭のいい物理学者役を福山雅治、芸達者のわき役の皆さんが名演している、おすすめの映画です。

 


 

-組合員の投稿

Copyright© 新世紀ユニオン(大阪) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.