組合員の投稿

トヨタのEV戦略が遅れた理由

 昨日になってトヨタ自動車の社長がハイブリッドから電気自動車(BEV)に方針転換すると言っていました。世間では驚いたかもしれませんが、古い車に乗っていて近いうちに買い換えが迫っている私にとっては何で今頃、と思います。

 欧米諸国や中国では、排気ガスやCO2にうるさいのと、ハイブリットではトヨタに負けます。ですからガソリン車から電気自動車に切り替えることが既に始まっています。

 ところが、日本では系列の雇用維持との理由で内燃機関にこだわり、環境対策車としてハイブリッドをトヨタ中心に数多く出してきました。日本政府もトヨタ中心の自動車政策です。内燃機関が不要になるとエンジンや変速機が不要になり、雇用が大量に失われます。

 同時にトヨタ自慢の下請け生産体制が不要になり、しかも自動車の価格は(電池を除き)安くなります。

 自動車は決して安い買い物ではありません。どんな車を買うのか考えている人にとっては、2030年の環境問題がドウノコウノではありません。仕事があるうちに、たった1回しか買うことができません。トヨタが本気なら他国に後れを取らず早く出して下さい。

 私は今度買う車は外車を買うことを考えています。現時点では、テスラ車が有力です。また、中国から安い電気自動車が数多く輸入されるという噂もあるため、中国車に乗ることも考えています。

 


 

-組合員の投稿

Copyright© 新世紀ユニオン(大阪) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.